M字型ハゲになてきた場合の育毛剤の選び方のポイント

男性の場合ですと生え際が後退するパターンで薄毛になる事があります。生え際の抜け毛を防止する為には育毛剤で対策をするのがセオリーとされていますが、育毛剤選びにはポイントがあるのです。
効果のある育毛剤を選ぶ為には、まず生え際が後退する原因を理解しておく必要がありますが、特に疑った方が良い原因としてAGAがあります。AGAは男性型脱毛症の事ですので男性によく見られる症状なのですが、この脱毛症が原因によって抜け毛が発生している可能性が高い理由があります。

AGAの発症は悪玉男性ホルモンの増加が原因となっていますので、男性ホルモンを多く持つ男性の場合は発症リスクが高いとされているのです。そして発症した際の脱毛パターンはいくつかありますが、その一つが正に生え際の後退なのです。ですから生え際が薄くなってきた時にはAGAの可能性が高く、今後も薄毛はどんどん促進されていくはずです。

つまり抜け毛対策をする為にはAGA対策を行う事が大切になるのですが、その為にも悪玉男性ホルモンを阻害する成分を配合している育毛剤を選ぶのが良いと言えます。まずは脱毛物質を増加させないように対策をする必要がありますので、抗男性ホルモンの働きがある育毛剤を選ぶ事で効果的な薄毛対策ができるのです。

そして薄毛の改善の為には発毛の促進作用も必要になります。いくら悪玉男性ホルモンへの対策をしても発毛力が弱い状態では薄毛の克服は難しくなってしまいますので、血行促進作用がある事も育毛剤選びの要になると言えます。
ただし、並大抵の血行促進成分では殆ど意味がありませんので注意が必要です。血行を良くすると言われている成分は色々ありますが、それらの殆どの成分は微々たる作用しかありません。ですからせいぜい髪の毛にハリコシを出す程度の作用しかなく、発毛させる事は非常に難しいのです。強力に発毛を促進させる成分であってこそ抜け毛の予防及び薄毛の改善ができますので、どのような有効成分を配合しているのかをよくチェックしながら育毛剤を選ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>