白髪染めは髪の毛を細くしたり抜け毛を引き起こすこともある?

白髪染めは髪の毛を細くしたり抜け毛を引き起こすこともあるとの懸念を持つ人も多いでしょうが、これはヘアカラー全体に言えることで、20代の60%以上がヘアカラーを経験しており、その中のさらにおよそ60%が市販品のヘアカラーや白髪染めを使用しているのです。

美容室でヘアカラーや白髪染めをしてもらう場合の費用は、自宅で行うものと比べば5倍以上となり、定期的にこれを繰り返す場合の出費を考えて自宅で行う人が多くなった来ました。
これには、ヘアカラー市場が拓けてきたことが要因としてあり、長期でこれを行なうことで髪や頭皮にダメージを与えることは否定できません。

カラーリング剤には、パラフェニレンジアミン等の化学物質が含有されており、多少なりとも毒性があります。
ヘアカラーは地肌への負担が多く、カラーリング後に刺激やキツイにおいが出ることがあります。
通常、美容室では、地肌や頭皮に与えるダメージを最小限に抑えるため、揮発性の高いアンモニア水を使用するお店が多く、このアンモニア臭が気になる人が多いため、一般に市販される製品は、アンモニア臭を抑えたアルカリ性化学物質が多く利用されていることが多いです。

ただ、アルカリ性ヘアカラーにはにおいを抑える反面、肌の奥や頭皮にダメージを与え、そのダメージは蓄積し、髪が細くなり、やがて抜け毛や薄毛へと発展してしまうことがあります。
細くなった髪は毛穴と髪の隙間ができ、外部からの刺激に影響を受けやすく、頭皮に炎症や吹き出物の原因ともなります。
市販品を購入した経験のある人でパッチテストという言葉を聞いたことがある人も多いでしょうが、液剤を予め、腕の内側などに付け、炎症が起こらないかをテストするもので、万が一炎症へと発展するようであれば、使用を控えるように指示してあることがあります。

頭皮や地肌に刺激や負担が掛からないようにトリートメントタイプのヘアカラーが発売されています。
トリートメントタイプのヘアカラーは、肌への負担を軽減したもので、天然成分により髪を自然に染め上げるものです。
トリートメントタイプに配合される成分に髪に良いと言われる褐藻類が多く含まれるものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>