若ハゲの原因って遺伝?親戚のおじさんみんなハゲてるんだけど。

若ハゲを引き起こしてしまう可能性があるのが男性型脱毛症です。男性ホルモンがひとつの原因となり発症する脱毛症ですので、男性ホルモンの分泌が盛んな20歳前後から薄毛になるような事もあります。
そして男性型脱毛症は遺伝すると言われています。身内に薄毛の人が多い方の場合は、薄毛になる遺伝子を持っていますので、将来的に薄毛になるリスクは低くありません。ただし、男性型脱毛症になる遺伝子を持っている場合でも必ずしも薄毛になるとは限らないのです。確かに遺伝子の存在は大きいと言えますが、しかしながらあくまでも薄毛になり易い体質であるというだけであり、薄毛そのものは遺伝する事はありません。ですから身内に薄毛の人が多くても必ず薄毛になる訳ではなく、悲観的になる必要もないとされています。

そもそも薄毛になる理由は男性型脱毛症だけではありません。その他にも様々な要因によって薄毛になる事がありますが、まず栄養バランスの悪い食事が日常になっている場合です。栄養バランスが悪いという事は毛根が栄養不足になっている可能性が高いという事ですが、毛根の弱さは薄毛リスクを高める原因になります。ですから薄毛予防の為にも栄養バランスをしっかりと整えるように工夫する事が大切です。
血行が悪くなっているのも良くありません。血行不良は毛根への栄養供給を悪くしますので、毛根の弱さの原因になってしまいます。特にストレスや喫煙、運動不足などは血行不良を引き起こす原因ですので、ストレス対策をしたり、禁煙をする、運動を心掛けるなどの工夫が大切と言えます。

日頃のシャンプーをきちんと行っているかどうかも薄毛になるかどうかの分かれ目です。頭皮環境をきちんと整えてあげないと薄毛リスクは高くなりますので、普段からシャンプーをしっかりと行い健やかな頭皮へと整える必要があります。また、育毛用のシャンプーもありますので、そういったアイテムで育毛を促進するのも有効です。

『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』クリニックの選び方は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>