かつら使用で抜け毛がさらに進行?廃用性委縮とは?

かつらを使用すると、頭が蒸れてしまいます。そうなってしまうと雑菌が増えやすくなり血行が悪化してしまい毛根に悪影響を与える恐れがあります。
廃用性委縮というものがあり、これは使われない細胞などはいずれ機能を失ってしまうことをいいます。毛根の状態が悪化すると、髪の毛が生えにくい状態になります。生えにくいということはいずれ使われなくなってしまう可能性が高まります。何もしなければ髪の毛が生えない状態になるといえます。

こうなってしまうと髪の毛の廃用性委縮が始まってしまいます。廃用性委縮をしないためにはかつらを使用するのをやめて、血行が良くなるように毛根マッサージをするとよいです。
どうしてもかつらを使用する場合はできる限り蒸れにくいものを使うか、短時間だけ使用するなどとにかく蒸れない工夫をする必要があります。
かつらを使用する前には、一度洗うなどメンテナンスを行いついている雑菌を消毒しておくとよいです。

雑菌を減らすことができれば頭皮を清潔にできますし、かつらを着用すると頭皮に必要な酸素を補給できないために酸欠状態になりやすくなります。酸欠状態になると血行が悪化してしまいます。
髪の毛が生えやすくするためには、血の巡りを良くすることは必須といえます。必要な栄養素を摂取しても、血行が悪ければ毛根まで必要な栄養素を届けることができません。
安易にかつらを使って髪の毛を隠すよりも、頭皮を清潔な状態にするとともにストレスを減らすとよいです。廃用性委縮が始まってしまった場合は、育毛剤などで改善させるのではなく血行を改善することを行うことです。
また洗い方を工夫することも忘れてはいけません。血行を良くしても頭皮を傷つけるような洗い方をしていれば、髪の毛は生えにくい状態になってしまいます。
生活そのものを見直す機会でもありますので、食事や睡眠など髪の毛に悪い生活をしていなかったか確認して改善していけば抜け毛を減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>