運動不足が薄毛の原因となりうるのはなぜ?

“ストレスなどによっても、薄毛になることもあります。しかし、有酸素運動を行わないと毛根に必要な栄養を送ることができないために薄毛になる可能性はあります。
毛根に必要な栄養を送るためには血流を改善することも必要です。血流を良くするための運動ならば有酸素運動が適しています。有酸素運動を行えば、血流が良くなるだけではなく新陳代謝も活発になります。
新陳代謝が活発になれば、頭皮のたまった皮脂を排出しやすくなるので抜け毛予防になります。運動をしっかりと行うためには食事を見直すことも必要です。
毛根に十分な栄養を送るためにも、脂質が多い食事ではなくビタミンなど血液循環を良くしてくれる栄養素を豊富にとるとよいです。
運動をきちんと行えば、夜しっかりと寝ることが可能になります。睡眠不足の状態になると、疲労がとれないだけではなく新陳代謝が低下してしまいます。
頭皮に古い角質が残ったままだと、髪の毛が生えにくい状態になるので薄毛が進んでしまうこともあります。
有酸素運動が必要になりますが、一日やって終わりではいけません。血流を改善するためには毎日行う必要があります。
無理な運動をする必要はありません。あくまでも血流を良くすることを目的に行うので、歩くだけなど日常の中でできる運動で問題はありません。
体を動かすことで、硬くなってしまった筋肉を動かすことができます。筋肉が柔軟に動くことができればそれだけ血流が良くなったといえます。
薄毛の原因は人によって違います。仮にストレスだったとしても有酸素運動を行うことでストレス解消につながります。
薄毛で悩んでいるのであれば、病院へ行くよりも先に有酸素運動を始めてみるとよいです。そうすれば生活習慣も変わりますので、健康的にかつ毛根に栄養を送ることができるので、髪の毛が生える状態になります。
運動を行った後は、マッサージをするなどして筋肉をほぐしておくとよいです。より血流の流れを良くすることができます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>