お酒の飲み過ぎは薄毛・抜け毛の原因となりうるのか?

お酒を飲みすぎてしまうことは、頭皮環境を悪化させ、薄毛の原因となってしまいます。アルコールは体に対してダメージを与えるだけではなく、頭皮に対しても悪影響です。これはビタミンを消費してしまうことと、ジヒドロテストステロンの過剰な分泌を促してしまうからです。

アルコールを摂取すると、体の中で害のない物質にするために、肝臓で解毒を行うことになります。解毒をする際に、ビタミンが消費されます。頭皮に対しても必要なこの成分が、解毒のために多量に消費されることになると、体内でのビタミンの量が不足してしまうために、本来ならば頭皮に使用されるものが、消費されてしまうのです。なので頭皮環境を悪化させてしまうことになります。

ビタミンが必要とされるのは、頭皮環境を良好にするために、アミノ酸を構成し、頭皮に必要なたんぱく質にすることができなくなってしまうからです。アミノ酸はたんぱく質を構成する物質であり、同じたんぱく質であっても、体の部位が違うのであれば、必要とされるアミノ酸の量も変わります。アミノ酸を使用し、たんぱく質を作り出すために必要なのが、ビタミンなのです。なのでアルコールで消費されてしまうことになると、頭皮の環境が悪くなってしまうのです。
またアルコールには、ジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンの分泌量を増やしてしまうという害があります。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンのような働きをします。そのため精力や体力、筋力の増強に役立ちます。しかし、テストステロンとの違いは、頭皮の環境を悪化させてしまうということです。

ジヒドロテストステロンは、アルコールを分解する際に多量に分泌されます。アルコールが肝臓で分解されると、アセトアルデヒドが発生します。アセトアルデヒドには、テストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう働きがあるのです。なのでアルコールを摂取することは、頭皮環境の悪化の原因となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>