月別アーカイブ: 2016年2月

脱毛症の種類の解説

一言に脱毛症といってもその種類にはいくつかあり、原因も一つではありません。
最近よく聞くようになった男性型脱毛症いわゆるAGAという一つの症状の中でも脱毛の種類や原因はいくつかあります。
この男性型脱毛症はどの年齢層でも発言する可能性のあるもので10~20歳代でおきる事もあります。

症例としては30歳から40歳付近で症状が現れ始めることが多く50歳を超える世代にはAGAを発症する方が多く見られます。
このAGAは頭頂部や前頭部の発毛サイクルに関わる酵素がなんらかの原因で異常を起こし、脱毛のためのホルモンを生成してしまう事により、髪がしっかり伸びきる前に抜けてしまうため、頭部が産毛だらけになってしまいます。
AGAは発症の仕方にも種類があり、額の両端の脱毛が多くみられるM字型と呼ばれるようなものと、頭部後ろ側の中央から抜け毛が発生するO字型と呼ばれるもの、前髪の生え際から脱毛が始まるA字型やU字型と呼ばれるものがあります。
これ以外の脱毛症では脂漏性・瀰漫性・粃糠性・牽引性などと呼ばれるものがあります。

脂漏性は皮脂の分泌が通常より多くなってしまう事で毛穴が塞がってしまう事で毛が抜けてしまう症状でこの症状の方は頭皮が油でギトギトしています。
この症状の原因として考えられるものは過剰な洗髪や効果が強すぎるシャンプーの利用などが挙げられます。
瀰漫性は40代近辺の女性によくみられる症状で一般的には女性型脱毛症とよばれています。
AGAと違い全体的に髪の量が少なくなります。

原因としてはストレスや老化、それ以外ではカラーリングやパーマなどの刺激などが考えられます。
粃糠性は乾燥した状態のフケが多く発生する事で毛穴が詰まったりして脱毛してしまいます。
これも洗髪やカラーリングなどによる刺激が原因として考えられています。
牽引性の場合は髪の毛をゴムなどで結んだことで強く引っ張る事になってしまい、それが続くことで毛が抜けてしまう症状の名前になります。