カテゴリー別アーカイブ: 薄毛の原因は?

脱毛症の種類の解説

一言に脱毛症といってもその種類にはいくつかあり、原因も一つではありません。
最近よく聞くようになった男性型脱毛症いわゆるAGAという一つの症状の中でも脱毛の種類や原因はいくつかあります。
この男性型脱毛症はどの年齢層でも発言する可能性のあるもので10~20歳代でおきる事もあります。

症例としては30歳から40歳付近で症状が現れ始めることが多く50歳を超える世代にはAGAを発症する方が多く見られます。
このAGAは頭頂部や前頭部の発毛サイクルに関わる酵素がなんらかの原因で異常を起こし、脱毛のためのホルモンを生成してしまう事により、髪がしっかり伸びきる前に抜けてしまうため、頭部が産毛だらけになってしまいます。
AGAは発症の仕方にも種類があり、額の両端の脱毛が多くみられるM字型と呼ばれるようなものと、頭部後ろ側の中央から抜け毛が発生するO字型と呼ばれるもの、前髪の生え際から脱毛が始まるA字型やU字型と呼ばれるものがあります。
これ以外の脱毛症では脂漏性・瀰漫性・粃糠性・牽引性などと呼ばれるものがあります。

脂漏性は皮脂の分泌が通常より多くなってしまう事で毛穴が塞がってしまう事で毛が抜けてしまう症状でこの症状の方は頭皮が油でギトギトしています。
この症状の原因として考えられるものは過剰な洗髪や効果が強すぎるシャンプーの利用などが挙げられます。
瀰漫性は40代近辺の女性によくみられる症状で一般的には女性型脱毛症とよばれています。
AGAと違い全体的に髪の量が少なくなります。

原因としてはストレスや老化、それ以外ではカラーリングやパーマなどの刺激などが考えられます。
粃糠性は乾燥した状態のフケが多く発生する事で毛穴が詰まったりして脱毛してしまいます。
これも洗髪やカラーリングなどによる刺激が原因として考えられています。
牽引性の場合は髪の毛をゴムなどで結んだことで強く引っ張る事になってしまい、それが続くことで毛が抜けてしまう症状の名前になります。

若ハゲの原因って遺伝?親戚のおじさんみんなハゲてるんだけど。

若ハゲを引き起こしてしまう可能性があるのが男性型脱毛症です。男性ホルモンがひとつの原因となり発症する脱毛症ですので、男性ホルモンの分泌が盛んな20歳前後から薄毛になるような事もあります。
そして男性型脱毛症は遺伝すると言われています。身内に薄毛の人が多い方の場合は、薄毛になる遺伝子を持っていますので、将来的に薄毛になるリスクは低くありません。ただし、男性型脱毛症になる遺伝子を持っている場合でも必ずしも薄毛になるとは限らないのです。確かに遺伝子の存在は大きいと言えますが、しかしながらあくまでも薄毛になり易い体質であるというだけであり、薄毛そのものは遺伝する事はありません。ですから身内に薄毛の人が多くても必ず薄毛になる訳ではなく、悲観的になる必要もないとされています。

そもそも薄毛になる理由は男性型脱毛症だけではありません。その他にも様々な要因によって薄毛になる事がありますが、まず栄養バランスの悪い食事が日常になっている場合です。栄養バランスが悪いという事は毛根が栄養不足になっている可能性が高いという事ですが、毛根の弱さは薄毛リスクを高める原因になります。ですから薄毛予防の為にも栄養バランスをしっかりと整えるように工夫する事が大切です。
血行が悪くなっているのも良くありません。血行不良は毛根への栄養供給を悪くしますので、毛根の弱さの原因になってしまいます。特にストレスや喫煙、運動不足などは血行不良を引き起こす原因ですので、ストレス対策をしたり、禁煙をする、運動を心掛けるなどの工夫が大切と言えます。

日頃のシャンプーをきちんと行っているかどうかも薄毛になるかどうかの分かれ目です。頭皮環境をきちんと整えてあげないと薄毛リスクは高くなりますので、普段からシャンプーをしっかりと行い健やかな頭皮へと整える必要があります。また、育毛用のシャンプーもありますので、そういったアイテムで育毛を促進するのも有効です。

『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』クリニックの選び方は?

白髪染めは髪の毛を細くしたり抜け毛を引き起こすこともある?

白髪染めは髪の毛を細くしたり抜け毛を引き起こすこともあるとの懸念を持つ人も多いでしょうが、これはヘアカラー全体に言えることで、20代の60%以上がヘアカラーを経験しており、その中のさらにおよそ60%が市販品のヘアカラーや白髪染めを使用しているのです。

美容室でヘアカラーや白髪染めをしてもらう場合の費用は、自宅で行うものと比べば5倍以上となり、定期的にこれを繰り返す場合の出費を考えて自宅で行う人が多くなった来ました。
これには、ヘアカラー市場が拓けてきたことが要因としてあり、長期でこれを行なうことで髪や頭皮にダメージを与えることは否定できません。

カラーリング剤には、パラフェニレンジアミン等の化学物質が含有されており、多少なりとも毒性があります。
ヘアカラーは地肌への負担が多く、カラーリング後に刺激やキツイにおいが出ることがあります。
通常、美容室では、地肌や頭皮に与えるダメージを最小限に抑えるため、揮発性の高いアンモニア水を使用するお店が多く、このアンモニア臭が気になる人が多いため、一般に市販される製品は、アンモニア臭を抑えたアルカリ性化学物質が多く利用されていることが多いです。

ただ、アルカリ性ヘアカラーにはにおいを抑える反面、肌の奥や頭皮にダメージを与え、そのダメージは蓄積し、髪が細くなり、やがて抜け毛や薄毛へと発展してしまうことがあります。
細くなった髪は毛穴と髪の隙間ができ、外部からの刺激に影響を受けやすく、頭皮に炎症や吹き出物の原因ともなります。
市販品を購入した経験のある人でパッチテストという言葉を聞いたことがある人も多いでしょうが、液剤を予め、腕の内側などに付け、炎症が起こらないかをテストするもので、万が一炎症へと発展するようであれば、使用を控えるように指示してあることがあります。

頭皮や地肌に刺激や負担が掛からないようにトリートメントタイプのヘアカラーが発売されています。
トリートメントタイプのヘアカラーは、肌への負担を軽減したもので、天然成分により髪を自然に染め上げるものです。
トリートメントタイプに配合される成分に髪に良いと言われる褐藻類が多く含まれるものもあります。

かつら使用で抜け毛がさらに進行?廃用性委縮とは?

かつらを使用すると、頭が蒸れてしまいます。そうなってしまうと雑菌が増えやすくなり血行が悪化してしまい毛根に悪影響を与える恐れがあります。
廃用性委縮というものがあり、これは使われない細胞などはいずれ機能を失ってしまうことをいいます。毛根の状態が悪化すると、髪の毛が生えにくい状態になります。生えにくいということはいずれ使われなくなってしまう可能性が高まります。何もしなければ髪の毛が生えない状態になるといえます。

こうなってしまうと髪の毛の廃用性委縮が始まってしまいます。廃用性委縮をしないためにはかつらを使用するのをやめて、血行が良くなるように毛根マッサージをするとよいです。
どうしてもかつらを使用する場合はできる限り蒸れにくいものを使うか、短時間だけ使用するなどとにかく蒸れない工夫をする必要があります。
かつらを使用する前には、一度洗うなどメンテナンスを行いついている雑菌を消毒しておくとよいです。

雑菌を減らすことができれば頭皮を清潔にできますし、かつらを着用すると頭皮に必要な酸素を補給できないために酸欠状態になりやすくなります。酸欠状態になると血行が悪化してしまいます。
髪の毛が生えやすくするためには、血の巡りを良くすることは必須といえます。必要な栄養素を摂取しても、血行が悪ければ毛根まで必要な栄養素を届けることができません。
安易にかつらを使って髪の毛を隠すよりも、頭皮を清潔な状態にするとともにストレスを減らすとよいです。廃用性委縮が始まってしまった場合は、育毛剤などで改善させるのではなく血行を改善することを行うことです。
また洗い方を工夫することも忘れてはいけません。血行を良くしても頭皮を傷つけるような洗い方をしていれば、髪の毛は生えにくい状態になってしまいます。
生活そのものを見直す機会でもありますので、食事や睡眠など髪の毛に悪い生活をしていなかったか確認して改善していけば抜け毛を減らすことができます。

日焼け・紫外線は抜け毛・枝毛の原因になってしまう?

髪型が貴方の印象やイメージを大きく左右すると言っても過言ではありません。
何歳になてもキューティクルの整った、手入れの行き届いた艶のある髪は見る人を魅了します。
美しい髪を保つ秘訣は何と言っても日々のケアとプロによる定期的なメンテナンスです。
髪が生える毛根が弱ると健康で活き活きとした髪は生えにくくなります。
生きているのは毛根だけで、伸びている髪に生きた細胞はありません。
キューティクルは髪の周りをコーティングしているだけで、一度傷つくと修復は出来ても回復はしません。
キューティクルも生きた細胞ではないからです。
いつまでも美しい髪の毛を保つ為に、まずは健康な髪を生やす毛根をケアする意識が重要です。
お肌にも紫外線は大敵な様に、髪の毛にも紫外線はダメージを与えます。
外出時は帽子や日傘で直接紫外線を浴びないように気を付けましょう。
また、帽子の使い方によっては蒸れて抜け毛に繋がり逆効果になる場合もあるので、通気性の良い麦わら帽子などがお勧めです。
日傘に抵抗のある男性にはお勧めのアイテムです。
女性で気を付ける点は、髪の分け目を日々少しずつずらす事で、一か所の毛根だけに負荷が掛からず、バランスが取れて良いものです。長年全く同じ髪型の方はこの機会に少しイメージチェンジしても良いかも知れません。
年齢によって似合う髪型も変化するものです。
また、日傘でも暗い色程紫外線の遮光率が高くなります。生地や素材にもよりますが、購入する際には遮光率を確認する事もお忘れなく。
紫外線は髪の毛を保護しているキューティクルを傷め、その傷ついた箇所から髪の栄養素が抜け出して1本1本が細くなるのです。
1日の終わりに毛根に詰まった皮脂汚れや髪型を整える為のムースやスプレー等、丁寧に揉みだす様に洗い流しましょう。
素人では十分落とし切れない汚れを、ヘアサロンで1ケ月に1回程度ヘッドスパなどでスッキリするのも対策の1つです。
ヘアサロンのスタイリストは髪の専門家です、相談するのも良い方法です。

運動不足が薄毛の原因となりうるのはなぜ?

“ストレスなどによっても、薄毛になることもあります。しかし、有酸素運動を行わないと毛根に必要な栄養を送ることができないために薄毛になる可能性はあります。
毛根に必要な栄養を送るためには血流を改善することも必要です。血流を良くするための運動ならば有酸素運動が適しています。有酸素運動を行えば、血流が良くなるだけではなく新陳代謝も活発になります。
新陳代謝が活発になれば、頭皮のたまった皮脂を排出しやすくなるので抜け毛予防になります。運動をしっかりと行うためには食事を見直すことも必要です。
毛根に十分な栄養を送るためにも、脂質が多い食事ではなくビタミンなど血液循環を良くしてくれる栄養素を豊富にとるとよいです。
運動をきちんと行えば、夜しっかりと寝ることが可能になります。睡眠不足の状態になると、疲労がとれないだけではなく新陳代謝が低下してしまいます。
頭皮に古い角質が残ったままだと、髪の毛が生えにくい状態になるので薄毛が進んでしまうこともあります。
有酸素運動が必要になりますが、一日やって終わりではいけません。血流を改善するためには毎日行う必要があります。
無理な運動をする必要はありません。あくまでも血流を良くすることを目的に行うので、歩くだけなど日常の中でできる運動で問題はありません。
体を動かすことで、硬くなってしまった筋肉を動かすことができます。筋肉が柔軟に動くことができればそれだけ血流が良くなったといえます。
薄毛の原因は人によって違います。仮にストレスだったとしても有酸素運動を行うことでストレス解消につながります。
薄毛で悩んでいるのであれば、病院へ行くよりも先に有酸素運動を始めてみるとよいです。そうすれば生活習慣も変わりますので、健康的にかつ毛根に栄養を送ることができるので、髪の毛が生える状態になります。
運動を行った後は、マッサージをするなどして筋肉をほぐしておくとよいです。より血流の流れを良くすることができます。”

お酒の飲み過ぎは薄毛・抜け毛の原因となりうるのか?

お酒を飲みすぎてしまうことは、頭皮環境を悪化させ、薄毛の原因となってしまいます。アルコールは体に対してダメージを与えるだけではなく、頭皮に対しても悪影響です。これはビタミンを消費してしまうことと、ジヒドロテストステロンの過剰な分泌を促してしまうからです。

アルコールを摂取すると、体の中で害のない物質にするために、肝臓で解毒を行うことになります。解毒をする際に、ビタミンが消費されます。頭皮に対しても必要なこの成分が、解毒のために多量に消費されることになると、体内でのビタミンの量が不足してしまうために、本来ならば頭皮に使用されるものが、消費されてしまうのです。なので頭皮環境を悪化させてしまうことになります。

ビタミンが必要とされるのは、頭皮環境を良好にするために、アミノ酸を構成し、頭皮に必要なたんぱく質にすることができなくなってしまうからです。アミノ酸はたんぱく質を構成する物質であり、同じたんぱく質であっても、体の部位が違うのであれば、必要とされるアミノ酸の量も変わります。アミノ酸を使用し、たんぱく質を作り出すために必要なのが、ビタミンなのです。なのでアルコールで消費されてしまうことになると、頭皮の環境が悪くなってしまうのです。
またアルコールには、ジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンの分泌量を増やしてしまうという害があります。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンのような働きをします。そのため精力や体力、筋力の増強に役立ちます。しかし、テストステロンとの違いは、頭皮の環境を悪化させてしまうということです。

ジヒドロテストステロンは、アルコールを分解する際に多量に分泌されます。アルコールが肝臓で分解されると、アセトアルデヒドが発生します。アセトアルデヒドには、テストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう働きがあるのです。なのでアルコールを摂取することは、頭皮環境の悪化の原因となるのです。