カテゴリー別アーカイブ: 育毛剤の選び方

発毛剤「リアップX5」の効果を実感できる人とそうでない人の違い

“リアップX5が注目度の高い育毛剤なのは理由があります。それは日本国内で唯一ミノキシジルという成分を配合しているからです。そしてミノキシジルは強力に血行を良くしてくれますので、従来の育毛剤以上に効果的な薄毛対策を行う事ができるとされています。

しかし、ミノキシジルの力を以てしても効果を実感できていない方もいると言われているのです。

効果を実感できた人とそうではない人には違いがあるのですが、それはAGA対策をしっかりと行っているかどうかです。

まず、男性が薄毛になる理由の殆どはAGAと言われているのですが、このAGAというのは男性ホルモンと還元酵素が結合した事によって生成されるジヒドロテストステロンが原因になっています。いわば悪玉の男性ホルモンなのですが、このジヒドロテストステロンには強力に脱毛を促進させる作用があるのが特徴です。そして強力な脱毛作用によってAGAが発症してしまうのですが、その脱毛作用がある状態でミノキシジルによって血行を促進しても効果は薄くなってしまうのです。せっかくの血行促進作用も悪玉男性ホルモンの働きによって相殺されてしまう事にもなりますので、いくら効果があると言われているミノキシジルでも力不足になってしまいます。

ミノキシジルの効果をもっと発揮させる為には、脱毛の原因になっているジヒドロテストステロンをしっかりと抑える事が重要です。脱毛を発生させている根本的な部分への対策を疎かにしている状態ではAGAも改善できませんので、リアップX5だけに頼るような薄毛対策にならないように要注意と言えます。

そしてジヒドロテストステロン対策をする為にも専用の内服薬を使用するのが一つの対策方法です。フィナステリドという有効成分を配合している内服薬なのですが、この成分はジヒドロテストステロンを作らせないようにする働きがありますし、生成をしっかりと食い止めた状態でリアップX5を使う事で効果を実感できるようになるはずです。”

あなたはどっち派?スプレータイプの育毛剤orノズルタイプの育毛剤

育毛剤の塗布の仕方として、スプレーによる方法とノズルによる方法があります。そしてそれぞれによって使いやすさに違いがあります。
広範囲に一気に塗布したい時にはスプレータイプが適しています。ワンプッシュで一気に塗布する事ができますので、手軽に塗布を済ませたい方に良いと言えます。また、スプレーによって頭皮を刺激されますので、気持ちの良さを感じられるという利点もあるのです。使用に慣れればピンポイントで狙って塗布する事もできますので、使いやすさの点数としては低くないでしょう。

しかしながら短所として、量の調節が難しい事です。育毛剤は適量を塗布する事が大切であり、塗布し過ぎるのも良くありません。スプレータイプですとどの程度の量を塗布したのかを把握し難い為、その点はマイナスと言えます。また、液だれが発生しやすいという短所もあります。サラサラの液体ですので、スプレーをした後にすぐに揉み込むようにしないと液垂れによって有効成分が流れてしまう事もあるのです。
ノズルタイプの使いやすさとしては、まずピンポイントでしっかりと塗布できるという良さがあります。ですから生え際などにも上手く塗布できますし、ノズルタイプですと少量ずつ出るようになっていますので、液だれを発生させるリスクも低いのです。また、液体も液だれがし難いように粘度があったりしますので、有効成分を狙った部分に留めやすいと言えます。

短所は広範囲に塗布し難い事です。基本的にはピンポイントで塗布していくタイプですので、一気に広範囲に塗布する事ができません。ですから手間に感じてしまうかもしれませんし、面倒に感じる事で使用を止めてしまうケースもあるようです。
以上のようにスプレータイプにもノズルタイプにもメリットとデメリットがありますので、一概にどちらの方が使いやすいとは言う事はできません。ただ、育毛剤はしっかりと塗布する必要がある為、ノズルタイプの物が増えている傾向もあるようです。

育毛剤を選ぶ時に「浸透力」があるかないかは重視するべき?

育毛剤を慎重に選ぶ際には、配合されている成分や頭皮環境への影響を今一度確認していくような姿勢が必要になります。また浸透力が高いものであれば、毛穴の奥深くに及ぶところまで効率よく成分を行き渡らせることができ、必要最低限の栄養を摂取していく方向性にも結び付いていくのです。粒子レベルに及ぶ細かなところまで見ていくことができれば、育毛の根本になる毛母細胞も活性化させることが可能になります。頭皮の皮脂における代謝機能が衰えていけば、自然と抜け毛につながっていくような状況も出てくるので、まずは毛穴に効き目のある粒子に関心を注いでいくことが重要です。

それと同時にアンチエイジングにもつながる部分があるため、頭皮環境が悪化しているならば角質のケアにもこだわりを持つようにすることが大事なのです。その一方で頭皮に刺激がある場合、敏感肌であれば注意をしていく必要もあります。毛母細胞にどういうかたちで働きかけるのかが非常に重要な意味合いを持つことになるため、お風呂上りや頭皮の血流がよくなっている時間帯を狙って育毛剤を用いていく部分が大事です。さらに洗髪の方法においては泡の力で髪の毛をいたわるように行うのがコツになっており、毛母細胞に浸透しやすいような清潔な毛穴になるよう真剣に目指していくことが重要にもなります。

以上のことより浸透力を根本から高めていく秘策としては、柔らかい頭皮で毛穴がバッチリと開いた状態をまずは作り上げていくことが鉄則になるのです。また小さな粒子であればあるほど、毛乳頭の細胞に及ぶところまで浸透させる可能性を上げることにもつながるため、スムーズに自分自身の体内に吸収できるような育毛剤を選んでいくことが大切です。見た目の若々しさは健康への活力にもなることから、まずは有効成分の多い育毛剤を重視する部分が肝心になるのです。よって基本的な情報を知れば、正しい頭皮ケアが十分にできるようになります。

M字型ハゲになてきた場合の育毛剤の選び方のポイント

男性の場合ですと生え際が後退するパターンで薄毛になる事があります。生え際の抜け毛を防止する為には育毛剤で対策をするのがセオリーとされていますが、育毛剤選びにはポイントがあるのです。
効果のある育毛剤を選ぶ為には、まず生え際が後退する原因を理解しておく必要がありますが、特に疑った方が良い原因としてAGAがあります。AGAは男性型脱毛症の事ですので男性によく見られる症状なのですが、この脱毛症が原因によって抜け毛が発生している可能性が高い理由があります。

AGAの発症は悪玉男性ホルモンの増加が原因となっていますので、男性ホルモンを多く持つ男性の場合は発症リスクが高いとされているのです。そして発症した際の脱毛パターンはいくつかありますが、その一つが正に生え際の後退なのです。ですから生え際が薄くなってきた時にはAGAの可能性が高く、今後も薄毛はどんどん促進されていくはずです。

つまり抜け毛対策をする為にはAGA対策を行う事が大切になるのですが、その為にも悪玉男性ホルモンを阻害する成分を配合している育毛剤を選ぶのが良いと言えます。まずは脱毛物質を増加させないように対策をする必要がありますので、抗男性ホルモンの働きがある育毛剤を選ぶ事で効果的な薄毛対策ができるのです。

そして薄毛の改善の為には発毛の促進作用も必要になります。いくら悪玉男性ホルモンへの対策をしても発毛力が弱い状態では薄毛の克服は難しくなってしまいますので、血行促進作用がある事も育毛剤選びの要になると言えます。
ただし、並大抵の血行促進成分では殆ど意味がありませんので注意が必要です。血行を良くすると言われている成分は色々ありますが、それらの殆どの成分は微々たる作用しかありません。ですからせいぜい髪の毛にハリコシを出す程度の作用しかなく、発毛させる事は非常に難しいのです。強力に発毛を促進させる成分であってこそ抜け毛の予防及び薄毛の改善ができますので、どのような有効成分を配合しているのかをよくチェックしながら育毛剤を選ぶ必要があります。